あなたの土地の面積測ってみませんか。 

@ 現在の土地の面積と、法務局の登記簿に記載されている面積との照合
・昔からの土地ですと、※縄伸び という不確定要素が含まれているため、法務局の備え付けの登記簿に記載されている面積が現在の土地の面積と異なっていることがあります。
※縄伸び・・・現在の土地登記簿に記載されている面積は、明治時代に行われた地租改正の結果が基礎になっています。測量技術が現在より未熟だった為、誤差も多く、土地登記簿に記載されている土地面積と異なる(大きくなる)ことがあり、それを縄伸びという。逆に土地面積が小さくなることを縄縮みという。 
A 土地を購入したが、どうも法務局の登記簿に記載されている面積と違うのではと不信に思う。
B お隣さん(隣接地)との境界がはっきりしないため、売買あるいは分筆がで きなくて困っている。
C相続を受けたが、土地の位置が解からず困っている。
D公共事業の円滑化に役立ちます。 
・道路改良等の公共事業のときに、自分の土地の境界がはっきりしていれば、境界確定がスム−ズに進みます。


トップペ−ジへ  次へ